マノロブラニク/MANOLO BLAHNIK

マノロ ブラニク(Manolo Blahnik)はイギリスのシューズブランド。
ジュネーブ大学で美術と文学を学びはじめるが、68年に舞台芸術家になるためにパリへ移住。
70年に旅先のニューヨークで知人に紹介してもらった「ヴォーグ」の編集長ダイアナ・ヴリーランドに靴デザイナーになるように進められる。 そして1年後、ロンドンに渡り、靴作りを始める。その後ファッションチェーン店「ダミス」から靴の作成を依頼。成功への道を進む。
現在は、ニューヨーク、香港等に直営店を展開。イタリアにある4つの工場を稼動させながらも最終的なデザインの仕上げはブラニク自身が行っている。自身も「私の靴には他の靴にないものがある、パーソナリティだ」と語る。 ジョン ガリアーノ、マイケル・コースなど、さまざまなデザイナーとコラボレーションを行い、マノロ ブラニクのデザインした靴はダイアナ妃やカイリー・ミノーグ、マドンナなどが履いたことで有名。

▶ MANOLO BLAHNIK / シューズ

表示切替: 並び順:
2件中1件~2件を表示
2件中1件~2件を表示

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ